PageTop

HOME > サービス > 新人研修

新人研修

2010年度より、厚生労働大臣認定 実践型人材養成システムを導入しており、10カ月間にもわたる入念な研修を用意しています。
業務経験がないのはもちろんのこと、これまでプログラムに触れたことがない人も含め、誰もが一人前になれます。

システムクォート新人研修の特徴

・自ら考え、調査し、解決・行動できる自立型エンジニアを育てる!

・技術力だけでなく、ヒューマンスキル向上も目指す!

メンタル強化を目指す!

・助成金申請サポートも可能!

未経験者には入社前に行っている内定者研修もおすすめ

  • 2月〜4月入社前

    【内定者研修】

    新卒採用の場合、入社前の2月〜3月に内定者研修を行います。カリキュラムはビジネスマナーやコンピュータの基礎、Excel・Wordなど。 通信教育によるもので、自学自習が基本。課題の提出は、メールによって行います。もちろん、疑問点などがあれば、 いつでもメールや電話で問い合わせることができます。また、通信教育を実施するためのノートPCは会社でご用意いただきます。

  • 入社4月〜7月

    【新人研修】

    4月に入社すると、今度は座学・実習を中心とした研修がスタートします。内定者研修に引き続き、ビジネスマナーや、 コンピュータの基礎を学びます。新入社員の配属は原則として7月から。それまでは、他社及びグループ会社と合同での集合研修が 入念に行われますので、交流を深める機会にもなるでしょう。Java言語によりプログラミング基礎を修得するほか、 スピーチなど、一般的なビジネススキルを磨くカリキュラムもあります。成果発表会を終えると、いよいよ現場の最前線にデビューです。

Aさんのタイムスケジュール

08:30〜09:00 出社・清掃 出社後は、全員でフロア全体を清掃。気持ちを一つに!
09:00〜09:30 朝ミーティング 一日のスケジュールの確認。議題を挙げてみんなで討論!
09:30〜10:00 スピーチ練習 3分間のスピーチ練習。質疑応答やフィードバックも行う!
10:00〜12:00 各役割りミーティング・製造 リーダーミーティング等やシステムの製造を行う!
12:00〜13:00 昼食 部屋で食べるのも良し!気の合う仲間と外で食べるのも良し!
13:00〜17:00 各チーム作業 午前からの続きをみっちり集中して行う!
17:00〜17:30 夕ミーティング 一日で起きた事象を報告。明日の議題を先に挙げる!
17:30〜 退社 分からない点を残さず復習。その後は楽しく食事!

受講者様、講師の声

女性1 新人研修は社会人としての基盤。 某S社 総務部 A.Wさん(2006年入社)

システムクォートの新人研修は、個々の理解度や進捗状況に合わせて進めることのできる「個人」としての良さ、そしてグループ会社やグループ外の
同業他社の方と同期として切磋琢磨していける「集団」としての良さ、この2つが強く感じられる研修でした。私は総務部として入社致しましたので、
実務に必要なExcel・Wordスキルの習得や、簿記資格取得に向けて勉強を行ないました。
集団研修においては、スピーチ練習や研修成果発表などを通じ、大勢の前で話す機会が多くあったことが貴重な経験であったと感じます。
互いの良い点、悪い点を同期同士で指摘しあうことで、立ち姿や話し方など、上手に伝えるために必要なスキルを身につけ、その為の資料作成も
学ぶことができました。研修期間を通じ、自社の同期以外に社会人としての友人を得たこともかけがえのない経験でした。
私にとってシステムクォートの新人研修は、今でも、社会人としての基盤となっています。

男性1 学生時代に培った経験と自信は... 某R社 システム開発部 M.Oさん(2015年入社)

私は、社会人になる前まで、学生時代に培ってきた経験があれば、エンジニアとしてやっていけると浅はかな考えでいました。
実際には、新人研修でヒューマンスキル・プログラミングスキル共に、足りない部分が多く露呈し、自信を打ち砕かれました。
そのような私が、今現場で仕事ができているのも、新人研修にて実際の現場さながらの開発演習を行ったことにより、エンジニアとして、
人としての考え方が変化したことだと思っております。
現在は、7月から現場に出ておりますが、新人研修のおかげであまり認識の差を感じることなく、仕事に従事しております。

女性2 音楽から全く別の世界へ。 某U社 システム開発部 Y.Sさん(2015年入社)

大学では音楽について学び、全くの未経験でIT業界に入りました。
学生の頃はレポートを書く際しかパソコンに触れないほどでしたが、ここまで成長できたのは充実した研修があったからです。
研修では初歩的なパソコンの操作からJava言語を使ったアプリケーション開発までを学びました。なかでも、チームを組んで行う
アプリケーション開発は、設計から実装・レビュー等も経験できる内容となっており、現場での業務を意識した実践的な知識を
付けることが出来ました。現在はプリンタ販売の補助システムに従事しており、研修で学んだ知識を活かして障害対応を行っています。

男性2 社会人・システムエンジニアとしてプロに。 総務部 研修担当 加瀬槙也

新人が一番最初に壁にぶつかるのは、「学生」と「社会人」とのギャップです。そのギャップをどれだけ早く埋められるかによって、
成長スピードが異なります。
弊社の新人研修では、そのギャップをいち早く脱却してもらう為に、時には厳しく指導いたします。
また、ヒューマンスキルの向上も大切ですが、やはりSEとしての技術力も大切です。
そのため弊社では、独自のカリキュラムに則したテキストを作成し、Java、SQLの基礎を徹底的に学習できる環境を用意しております。
一人でも多くの技術者が成長し、社会人・システムエンジニアのプロとして活躍してもらうため、私も日々成長しつづける所存です。